医者と看護師

ペロニー病は症状が進行すると手足にも影響がでます

病院

専門分野

新宿にある泌尿器科では、女性も男性も診察を受けることができます。男性の場合は、泌尿器科が専門的に扱っている器官の手術も受けることができるため不調を感じたときは受診してみましょう。

直ぐに受診する

ドクターとナース

ペロニー病という病気は男性特有の病気の一つで、日本では陰茎効果症と言われています。陰茎効果症という病名から分かるように、ペニスの一部が硬くなってしまう病気で、勃起時の硬くなりかたとは異なるという特徴があります。ペロニー病の初期症状は、まず、しこりが出来るため自分で触ったときにコリコリとした感触を感じることができれば素人でも判断できる場合があります。しこりの次に起こる症状は、勃起時に痛みを感じるようになってきますが、痛みは激痛やしみるような痛みではなく、筋肉痛に近い痛みが勃起時に継続的に現れるのです。ここまで症状が進んだ人の中には痛みのため性交ができなくなることもあるのです。痛みが続いてしまうと勃起さえしなくなる場合もあると言われています。そして、その次にペロニー病の場合はペニスが変形するという症状が現れる人や、ペニスが短くなってしまう人もいるといわれているため症状は人によって異なる場合があるのです。こういった症状が出ても病院に行かないと、症状が進行してしまい手足にまで影響が生じ、拘縮が始まります。この症状は、手の平が綺麗に伸ばせなくなってしまい、同様の症状が足にも現れ始めます。足にまで症状が進むと皮膚が硬くなってしまうケースもあるため、異常を感じた場合は直ぐに専門医に見て貰うようにしましょう。ペロニー病でしこりが出来ている場合は、治療をすれば治すことも可能ですが、しこりが陰茎ガンの場合早期発見をしなければ、命に関わってしまう可能性もあるため危険です。

白衣の人

受診先を選ぶ

専門的な分野の診察を行なっている埼玉の泌尿器科は、女性も男性も診察を受けることができます。そのため、どういった症状が出ているのかで受診すべき病院を決めることができます。

看護師

早めに検査を受ける

性行為やキスなどでも感染することがある梅毒は検査をすることで、早期発見も可能です。梅毒に感染した可能性がある人や、症状が出ている人は直ぐに検査を受けるようにしましょう。